ホーム > インプラントの術式

長谷川歯科のインプラントの術式

骨造成手術 GBR法

骨の高さ・厚みが不足している場合に行う治療方法です。
インプラントを埋入する部位の骨が不足している時、インプラントの一部分が骨から露出している場合に、そこに骨を作りインプラント全体が骨内に収まるようにするための技術です。

GBR法って?

骨の厚さが不足していると、インプラントを埋入しても骨から露出してしまいます。
歯を失ってから時間が経過していると、周囲の歯槽骨が吸収されていきます。
歯槽骨が不足している部分に、粉砕した自家骨もしくは骨補填材を置き、その上にメンブレンという人工膜を置きます。
歯肉などの柔らかい組織が混入しなくなるので、骨の再生が促進されます。
メンブレンには、吸収性のものと非吸収性のものがあり、骨欠損の小さい場合(作る骨の量が少ない場合)は、吸収性のものを使い、骨欠損の大きい場合(作るの骨の量が多い場合)は、非吸収性のものを使うことになります。
個人差がありますが、4~6ヶ月で歯槽骨が再生されインプラントの安定性が確保されます。 

スプリットクレスト

骨の高さはあるが幅が足りない場合に、隙間を押し広げながらインプラントを埋め込む方法です。

ソケットリフト

上顎の奥の骨が薄い時に、鼻の空洞の中を押し上げ、そこに骨を追加してインプラントを同時に埋め込む方法です。
インプラントを埋める部分から押し上げるので、傷口が小さくて済む点がメリットです。


サイナスリフト

上顎の奥の骨が極度に薄い(5mm未満)時に、口の中から鼻の空洞に穴を開け、骨を足し(骨造成)、そのあとにインプラントを埋め込む方法です。
ソケットリフトとの違いは上の顎の奥の骨の厚さに依存します。


無切開手術(フラップレス)術式

切開・剥離・縫合を省いた術式です。手術時間が短縮され、出血もほとんどないため術後の腫れや痛みも大幅に軽減できる点がメリットです。

即時(即日)荷重インプラント

インプラントの埋入手術を行い、48時間以内に仮歯をつけられるという方法です。固定式の歯で食事も可能になりますが、条件が限られた方にしか行えない診療方法でもあります。

抜歯即時インプラント

歯を抜くと同時に、その穴にインプラントを埋入する方法です。手術が1回で済むことでの短期化、切開が不要なことで腫れにくく、痛みが少ないなどのメリットがあります。

アクセス



■住所
 大阪府大阪市此花区伝法2丁目4-4
■最寄駅
 阪神千鳥橋駅
■診療時間
 9:00~20:00
休診日:日曜・祝日
☆予約制☆
状況によって当日予約可能です。
お気軽にお問い合わせください。
※受付時間19:00まで※
ただし、緊急時はご相談ください。

お問い合わせ 詳しくはこちら